横浜市ムンバイ事務所へようこそ

「横浜市ムンバイ事務所」は、横浜市と、横浜市の姉妹都市であるムンバイをはじめとするインドとの結びつきを深めることを目的に2015年にムンバイに設立されました。当事務所では主にインドと横浜の企業等をつなぎ関係性を深めていくことで、インドと横浜の経済交流を少しでも推進していくことを目指しています。 横浜市では、横浜に進出を考えている企業に対しての助成金制度も有しています。
また、横浜市ムンバイ事務所では、インドでのビジネス展開に興味をもっている横浜市の企業に対して、インドの市場などの情報提供や、ビジネスマッチングの機会提供などの支援も行っています。他にも、インド国内で開催されている観光に関する展示会等に参加して横浜市をPRし、インド人観光客を横浜市に誘致するなどの活動も行うなど活動内容は多岐にわたります。

横浜市ムンバイ事務所のミッション

- 横浜へのインド企業誘致

- インドに進出する横浜の企業への支援

- ムンバイとの姉妹都市関係の強化

- インド人観光客の横浜への誘致

- 学生交流や文化交流などインド各都市とのさまざまな分野での交流促進

- インドへの技術協力の検討

姉妹都市協定締結から50周年を記念して、2015年に横浜市ムンバイ事務所がムンバイに開設されました。2015年11月19日にはタージ・マハル・パレス・アンド・タワーズ・ムンバイ(Taj Mahal Palace and Towers Mumbai)にて、ムンバイの名誉市長と横浜市議会議長が列席する中、事務所の開所式と経済セミナーが開催されました。開所式には横浜市議会議員、副市長をはじめ、横浜市の企業の方々も出席しました。

2019年11月12日に、インド人関係者に対して横浜をPRするイベント「ヨコハマフェスティバル2019」をインド・ムンバイのマリオットホテルにて横浜市ムンバイ事務所が単独で主催しました。ビジネスセミナーや観光セミナー、ワークショップ等を終日実施し、100名を超える多くのインド人関係者が参加し、横浜について理解を深めてもらいました。当日の詳しい様子は以下リンク先をご参照ください。

横浜市ムンバイ事務所所長のメッセージ

ナマステー!

当サイトをご覧いただきありがとうございます。

横浜市ムンバイ事務所所長を務めております、松島一志(まつしまかずし)と申します。2019年6月より、横浜市からムンバイに赴任してきました。横浜市ムンバイ事務所は、日本の地方自治体(横浜市)の海外事務所という位置付けにあたり、横浜市の姉妹都市であるムンバイをはじめとするインドとの関係を深めることを目的に、2015年11月に設立されました。

横浜市は、首都の東京から南におよそ30キロメートルに位置しておりとても美しい港町です。横浜はスタイリッシュな都市というブランドイメージを確立しておりますが、都会でありながら多くの自然も有しており、日本では横浜の名前を知らない人はいないと言ってもいいほどとても有名な街です。

横浜市には、山も、海も、そして大きな公園もあります。さらに、商業施設や有名観光スポット、高級ホテル、また多彩な料理を楽しめるレストランも多くあります。

横浜では、

  • 春には美しい桜の花を見ることができ、
  • 夏には大きな打ち上げ花火を楽しむことができ、
  • 秋には美しい紅葉を鑑賞することができ、
  • 冬には市内各所に飾られているクリスマスイルミネーションを堪能することができます。

横浜に行くとこんなにも幅広い体験ができます。一度行くときっとあなたも横浜を好きになって、何度も足を運びたくなることでしょう。

当事務所は、インドと横浜との関係を深めるために日々活動しています。多くのインド人の皆様に横浜のすばらしさを知っていただき、訪れていただきたいと思っています。横浜市について興味を持ったら、いつでもお気軽にお問い合わせください。

皆様からのご連絡をお待ちしております。